• ホーム > 財団概要(当財団について)

FAIS

3つの公益目的事業

当財団は、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律において、公益目的事業として法律の 別表中に掲げる23 種類の事業の内「学術及び科学技術の振興を目的とする事業」を実施しています。 事業内容は上の図に掲げる3 つです。研究の支援等を通じて、わが国研究開発の促進を図り、もって 学術文化及び科学技術の振興に貢献することを目的としています。2002 年からアメリカンファミリー 生命保険(Aflac)日本法人設立者で、元社長、現最高顧問の大竹美喜が会長を務めています。

名称

公益財団法人 国際科学振興財団
(英語名称:Foundation for Advancement of International Science)
(略称:FAIS)

所在地

○本 部   茨城県つくば市春日三丁目24番16
(「つくば市春日3-24-16」で郵便等可)

所在地・交通アクセスのページ

目的

産業の発展と国民生活の向上に資するための研究開発及び国際交流等を実施するとともに、その促進を図り、もって学術文化及び科学技術の振興に貢献することを目的とする。

定款のページ

沿革

3つの公益目的事業

1977年9月20日 経済団体連合会が中心となり設立(初代会長:土光敏夫)


1981年3月20日 特定公益増進法人に指定される
(法人税法施行令第77条第1項第2号)


2011年8月1日 公益財団法人国際科学振興財団に移行認定

FAISの特徴

faisの特徴

スペース