下水処理について

 湖沼をはじめとする閉鎖性水域では富栄養化の進行に伴いアオコが大量発生しています。このアオコの大量発生は美しい景観を損ねるばかりではなく、水域の生態系を破壊してしまったりします。 水利用の観点から見ますと、有毒藍藻類として知られるMicrocystis属が大量発生すると、この水域を取水源とする浄水処理施設では消毒効果が不十分となったり、異臭を発生したりすることで私たちの生活に欠かせない飲料水の安全性を低下させます。では、このような問題を引き起こす原因となる富栄養化を止めるにはどうしたらよいでしょうか?

 そもそも富栄養化とは、長年に渡り流域からの窒素化合物やリン酸塩等の栄養塩類が供給されることで、生物生産性の高い富栄養状態となる自然現象を言います。しかしながら、人口増加や産業の発展に伴い栄養塩類の負荷が急激に高まった結果アオコの大量発生等を引き起こしています。   そこで私たちは富栄養化の因子となる窒素化合物やリン酸塩と言った栄養塩類の排出量削減に努めなくてはなりません。これらの栄養塩類は生活排水中に含まれるし尿(トイレを流した水)や生活雑排水(風呂や台所から流れ出る水)中に多く含まれています。 工場から流れ出る排水にもこれらの物質は多く含まれていますが、工場等から出る排水は法律による規制が進んでいます。一方で、私たちの排出している生活排水では規制が進んでいるものの都市部と地方で大きな差があり不十分な状態と言えます。その結果として、閉鎖性水域に流入してくる汚濁物質の多くが生活排水に由来するものです。  

 下水処理では、一般的に都市部のような人口密度が高い地域では下水道管を整備することで排水を下水処理場に集め処理し放流します。一方、地方のような人口密度が低い地域では下水道管をひいてしまうとコストがかかるため個別にでた排水をそのまま現場で処理して放流する浄化槽が普及しつつあります。   従来これらの下水処理は排水中の有機物(=BOD,COD)※1と言ったものの除去が主流でしたが、富栄養化防止のために近年では窒素やリンが同時に除去できる高度処理下水処理技術の開発が各地で進んでいます。しかしながら、既設の下水処理施設を高度処理化するにはコストが大きくかかってしまうという問題点が依然として十分な負荷源対策が進んでいない理由と考えられます。  

 このような背景を踏まえまして、都市型下水処理施設と現場処理型浄化槽それぞれをよりよいものにしていく研究を行っております。

      

※1 BOD=Biochemical Oxygen Demand:生物学的酸素要求量、
  COD=Chemical Oxygen Demand:化学的酸素要求量を表し
  有機物汚濁の指標として用いられている。

ページのトップへ戻る